ホンダ、EV電池を中国企業と開発 量販車向け

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 18:00

 ホンダは電気自動車(EV)の主力モデルに使う新型電池を車載用で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と共同で開発する。2020年代前半に中国などで発売する最量販EVを中心に電池や関連する技術で協力する。中国政府は現地メーカーの電池を載せたEVに補助金を支給してきた。世界最大のEV市場進出を狙う日米欧の車メーカーと中国電池大手の提携が広がりそうだ。

 ホンダはCATLと「フィット」クラスの小型EVで協業する。20年代前半から主に中国での販売を目指しており搭載する電池を共同開発する。電池の大きさを抑え、航続距離は300キロメートル程度になるとみられる。日本円で200万円台の低価格モデルとして普及させる。

 年間数十万台の販売を計画し、ホンダの最量販EVとなる見込み。ホンダはEVの走行評価や生産技術、電池の仕様決定でCATLと幅広く協力し、フィットクラス以降のEVでも協業を検討する。

 ホンダは小型車やミニバンなど多くの車種でハイブリッド車(HV)を持ち、17年の世界販売のうち電動車は約26万台で比率は4%。30年にはEVやプラグインハイブリッド車(PHV)を含む電動車の比率を約65%に高める。既存HVではパナソニックやGSユアサとの共同出資会社から電池を調達しており、この枠組みの協業は今後も続ける。

 CATLは中国政府のEV振興策を追い風に急成長している。調査会社のテクノ・システム・リサーチによると18年の車載電池の世界シェア見通し(出荷量ベース)はCATLが19%と首位で、パナソニック(15.5%)を上回る。

 生産能力も20年に50ギガワット時と現在の2倍以上になる計画。日産自動車も18年に中国で発売する量販EV向けにCATLの電池を採用する。売れ筋となるEV向けにCATLから電池を大量に調達する動きが相次ぐ。

 車載用電池ではパナソニックのほか韓国のLG化学やサムスンSDIが技術面で先行してきたが世界最大のEV市場である中国で出遅れた。中国政府が電池を現地メーカーから調達しなければ完成車に補助金を支給しない政策を続けたためだ。

 これによりCATLのほか比亜迪(BYD)など電池大手が出荷を伸ばしている。北京汽車集団や浙江吉利控股集団といった中国車メーカーだけでなく、BMWなどEVで先行する先進国メーカーも中国製電池を採用しており、日韓電池勢は厳しい競争を強いられている。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30861840T20C18A5MM8000/日本経済新聞

ガスト、ハンバーグ弁当に「カエル混入」 付け合わせのサラダに...運営会社が謝罪

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 20:17

写真

カエル混入で謝罪(画像はガストの公式サイト)

 

ファミリーレストラン「ガスト」のハンバーグ弁当に、死んだカエルが混入していたとの報告がツイッターに寄せられた。投稿された写真には、付け合わせの野菜の間から覗くカエルの姿がはっきりと映っている。

こうした報告を受け、ガストの運営会社は2018年5月22日、「異物混入に関するお詫びとお知らせ」と題した文書を公式サイトで発表。カエル混入の事実を認めた上で、「お客様にはご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

「ちょ、これはヤバイ」「カエル入っとる」

「ちょ、これはヤバイ」「カエル入っとるけん」――

今回の混入は2018年5月20日夜、あるツイッターユーザーが報告した。投稿者はこの日、熊本市内の「ガスト南熊本店」で宅配サービスを利用し、人気メニューの「チーズINハンバーグ&海老フライ弁当」(税込1140円)を注文したという。

カエルの死骸が混入していたのは、付け合わせの野菜の中だ。投稿者がツイッターで公開した写真を見ると、混入したカエルには4本の手足がしっかりと残っている。カットされた野菜と見比べる限り、サイズは小ぶりのようだ。

発見時の心境について、投稿者は「マジきもちわりー」「しんどい」などとツイート。その上で、弁当を購入した店舗の責任者からは、直接の謝罪と返金対応を受けたとも伝えている。その後、翌21日には、

「今日本社の人が来る予定です」
「とりあえず保健所が調べにはいるだと」

といった動きも伝えている。また、イタズラ目的で「自作自演」したのではないかと疑うユーザーの指摘に対して、投稿者は「ガチだよ」「実際入ってたから」などと反論を重ねていた。

カエルの混入原因は調査中

こうしたツイッターでの報告を受け、ガストの運営会社「すかいらーくレストランツ」は22日、公式サイト上に謝罪文を掲載。宅配した弁当に「異物(小さなカエル)が混入する事案が発生いたしました」として、

「お客様にはご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます。また、弊社店舗をご利用いただいておりますお客様ならびに関係者の皆様に関しましても、弊社が運営する店舗に対する不安を招いたことをお詫び申し上げます」

と謝罪した。

同社は今回の混入をすでに熊本市保健所へ報告しているとして、「現在、工場も含めて異物の混入原因・管理状態を調査しております」とした。また、同様の混入事案は確認されていないという。

22日夜のJ-CASTニュースの取材に応じた運営会社の広報担当者によれば、「付け合わせのサラダに、何らかの理由でカエルが混入してしまったようだ」と説明。購入者に対しては、20日中に店舗責任者が直接謝罪するとともに、返金の対応を取ったとしていた。

 

https://www.j-cast.com/2018/05/22329324.html?p=all

J-CASTニュース

「misonoには失礼にならない?」アンチコメントに反論 台湾での活動は“プライベート”と断言

  • 2018.05.21 Monday
  • 12:10

「misonoには失礼にならない?」アンチコメントに反論 台湾での活動は“プライベート”と断言misono公式ブログより https://ameblo.jp/blog-misono

 歌手活動のため台湾に進出することが報道されていたmisonoがブログを更新し、ネット上に寄せられたネット上のアンチコメントについて言及した。

 19日にブログエントリーを投稿したmisono。報道以来、自身のSNSでも、たびたび台湾進出についてコメントしているが、この日は「台湾をなめないで下さい」「台湾に失礼」というネット上の呟きについて触れた。misonoはこれらのアンチコメントについて、「“台湾を愛してるmisono”も、なめられたくはありませんし…」と反論。「じゃあmisonoには『どんな言葉を言っても“失礼”にはならないんですか?』と、問いたいです」と質問していた。

 またmisonoは、自身の台湾での活動について、「“チャリティー&ボランティア”で『プライベート』」と断言。アンチコメントについて、「misonoが何をしても『キライ&イヤ』なんだろうし」「これまでも…misonoが良い事をした所で『お騒がせ&炎上してきた』から、仕方ないか(笑)」と諦めの態度も見せていた。

 このブログに対し、ネット上からは「炎上癖が付いているから、何やっても悪くなくても文句言われるのでは?」「全て自分が蒔いた種が原因、身から出た錆では?」「何で叩かれるかを分析できないのかな?何をやっても叩かれる事を積み重ねた芸能活動の結果なだけなのに…」といった呆れ声が多く集まっている。

 また前日には、一部報じられていたドラマー・Nosukeとの「離婚危機」について、ファンや関係者は「誰も心配していない」とブログでコメント。さらに、17日のブログでは、「世の中の人は、misonoを『詐欺師』『狼少年』って呟いていますが…“misonoの周りの人”からしたら“美苑”という人間は、有り難い事に『嘘が1番、嫌いだから=嘘をつくはずがない』『misono&美苑は“想った瞬間”に“感情のまま”言動する人』だと、思って下さってる」とし、これまで報道されてきた引退宣言の撤回や世間からのイメージについて真っ向から否定していた。

記事内の引用について
misono公式ブログより https://ameblo.jp/blog-misono

 

https://npn.co.jp/article/detail/86231037/リアルライブ

 

それならいいね…。デビューするなら根回し必要だしね。少しほっとしたね。

カンヌ映画祭で最優秀賞に是枝裕和監督の「万引き家族」

  • 2018.05.20 Sunday
  • 12:26

世界3大映画祭の1つフランスのカンヌ映画祭で是枝裕和監督の「万引き家族」が最優秀賞のパルムドールに選ばれました。日本の映画としては21年ぶりの受賞となります。

ことしで71回目を迎えるカンヌ映画祭は、最終日の19日、授賞式が行われ、各賞が発表されました。このうち、最優秀賞のパルムドールを競うコンペティション部門では、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」がパルムドールを受賞しました。

審査員長を務めたハリウッド女優のケイト・ブランシェットさんに作品名を読み上げられたあと、ステージにあがった是枝監督は、やしの葉をかたどったパルムドールのトロフィーを渡されると「さすがに足が震えています」と述べて、感激した様子を見せていました。

そして、「この場にいられることが本当に幸せです。カンヌ映画祭には映画を作り続けていく勇気をもらえる。みなさんにいただいた勇気と希望を一足先に日本に戻ったキャストやスタッフと分かち合いたい」と述べ喜びを語っていました。

日本映画がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞するのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりです。

「万引き家族」は東京の下町で年金をあてに暮らしながら足りない生活費を万引きで稼いでいる家族の物語で、きずなのあり方を問いかける作品です。現地での公式上映のあとは「ぬくもりを感じた」などと評価する声が相次いでいました。

是枝監督の作品はことしを含めて、これまでに5回、コンペティション部門にノミネートされ、2013年には「そして父になる」が審査員賞に選ばれています。コンペティション部門には日本から濱口竜介監督の作品、「寝ても覚めても」もノミネートされていましたが、受賞はなりませんでした。

是枝監督「映画はつなぐ力がある」

パルムドールを受賞した是枝監督は、「対立してる人と人、世界と世界を、映画はつなぐ力があると感じます。今回みなさんにいただいた勇気と希望を、この場にいない日本に戻ったスタッフや参加できなかった監督、それに将来の若い映画の作り手と分かち合いたい」と、受賞の喜びを語りました。

カンヌ映画祭について是枝監督は、「何度来ても緊張しますが、作品を上映する際も、批評や審査される際も本当に幸せな時間でした」と語りました。

また、受賞作品を通じて何を伝えたいかという質問には、「ふだんなら犯罪者として切り捨ててしまうような、私たちがあまり考えないような人たちを題材にすることで、きれい事だけではない社会の側面を照らし出してみたいと思います」と答えました。

是枝監督 カンヌ映画祭は7回目の参加

是枝裕和監督は東京都出身の55歳。

大学を卒業したあと、テレビ番組の制作会社に入り、多くのドキュメンタリー番組を手がけて、ギャラクシー賞の優秀作品賞など、数々の賞を受賞しました。

平成7年に「幻の光」で映画監督としてデビューし、ベネチア国際映画祭の撮影賞にあたる「金のオゼッラ賞」を受賞して話題を集めました。

平成16年には、親に捨てられた兄弟が独力で生き抜く様を描いた「誰も知らない」で、主演の柳楽優弥さんが日本人として初めてカンヌ映画祭の最優秀男優賞を受賞し、ドキュメンタリーに携わってきた経験を生かして記録映画のように作られるその製作手法が高く評価されました。

また、平成25年には福山雅治さんが主演を務めた「そして父になる」がカンヌ映画祭の審査員賞を受賞するなど、日本を代表する映画監督の1人として知られています。

是枝監督はカンヌ映画祭にはほかの部門も含めると今回で7回目の参加となり、「映画祭は、どのくらい遠く広く世界に自分の作品を届けられるかという出発点です。映画祭に行くと背筋が伸びて、もう一度、自分と映画の関係を捉え直す時間になる。参加する意義はすごく大きいです」と話していました。

「犯罪でつながっている家族をやってみたいと思った」

是枝裕和監督の「万引き家族」は、東京の下町で年金をあてに暮らしながら足りない生活費を万引きで稼いでいる家族を描いた作品です。

キャストには、これまでも是枝作品に複数出演しているリリー・フランキーさんや樹木希林さんを起用し、是枝監督が脚本と編集も手がけています。

是枝監督は、この作品の製作のいきさつについて「2、3年くらい前に、亡くなった母親の死亡通知を出さずに残された家族が年金をもらい続けながら暮らしていたという事件があって、犯罪でつながっている家族をやってみたいと思いました」と説明しています。

また、完成試写会の舞台あいさつでは「今回は各世代で本当に僕が一番撮りたいと思ううまい役者を集めて映画を作りました。話はシリアスだが、濃密な時間を役者たちと作れたことが作品の中にみなぎっていると思います」と話していました。

審査委員「私たち全員が恋に落ちた」

是枝監督の「万引き家族」を最優秀賞に選んだ理由について、審査員長でハリウッド女優のケイト・ブランシェットさんは記者会見で、「最優秀賞にはすべての要素が欠かせない。難しい決断だったが是枝監督の作品はすばらしい映画だった」と高く評価しました。

また、審査員の1人は「私たち全員が恋に落ちたと思う。多くの映画が印象的だったし長い長い議論があったが、是枝監督の仕事には深さや洗練さがあり、それが映画の美しさにつながった」と絶賛していました。

海外メディアも速報で伝える

是枝監督の「万引き家族」がパルムドールを受賞したことについて海外メディアも速報で伝えています。

受賞作品について、ロイター通信は、「家族の人生や驚くべきどんでん返しを繊細に描いている」と表現し、AP通信は、「貧しく、先の見えない家族の姿を丁寧に表現している」と伝えるなど、家族のきずなや人間模様を鋭く描いた作品だと評価して紹介しています。

また、是枝監督について、イギリスの有力紙ガーディアンは、「心温まる人間模様を描く監督」と紹介しています。
「万引き家族」6月8日(金)全国ロードショー 配給:ギャガ
おめでとうございます!!

安室奈美恵、台湾を訪問 空港にファン500人 大歓声で迎えられる

  • 2018.05.17 Thursday
  • 21:58
手を振りながら笑顔を見せる安室奈美恵

手を振りながら笑顔を見せる安室奈美恵

(台北 17日 中央社)歌手の安室奈美恵が17日、ファイナルツアーの台北公演のため、台湾を訪問した。安室の訪台は2016年3月以来約2年ぶり。今年9月16日での引退を表明している安室が歌手として台湾を訪れるのは最後ということもあり、台北松山空港にはファン500人近くが集結。大歓声で安室を出迎えた。

到着前から、ファンが「奈美恵、台湾ラブユー」と掛け声をかけたり、「奈美恵」コールを上げたりと、空港の到着ロビーは熱気に包まれた。安室が姿を見せると、黄色い声が響き渡った。

安室は黒のブラウス、グレーのロングスカート、黒のハイヒールという優雅なスタイルで登場。報道陣の前で17秒ほど立ち止まり、手を振りながら笑顔を見せた。最後に深くお辞儀をし、ロビーの外に出ようとすると30台ほどのカメラに取り囲まれ、安室はボディーガードに守られながら下を向いたまま車に乗り込んでいった。姿を見せてから空港を離れるまで、言葉を発することはなかった。

空港にはファンに混じって、安室の大ファンを公言しているタレントのイモトアヤコの姿も。イモトは太眉とセーラー服というおなじみの風貌で現場の台湾メディアの注目を集めた。台湾公演を見るのかとの質問には「まだ分からない。これから行けるかどうか頑張る」と話し、安室に向けて「安室ちゃん、25年間ありがとう」と雄叫びを上げた。

「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 in Asia」の台湾公演は台北市の台北アリーナで19、20日に開かれる。約2万2000枚のチケットは販売開始から3分足らずで完売したという。

20日は、アジアツアーの最終日でもある。空港に駆け付けた台湾の男性ファンは、5月20日が中国語の語呂合わせで「愛している」という意味になることに触れ、「奈美恵は台湾を愛してくれている」と笑みを浮かべた。

安室が台北アリーナでコンサートを開くのは、2008、2009、2013、2016年に続いて5度目。2015年5月には、同会場で行われた台湾の歌姫ジョリン・ツァイ(蔡依林)のコンサートにゲスト出演し、コラボレーション曲「I'm Not Yours」を披露した。

(名切千絵)

 

http://japan.cna.com.tw/news/aart/201805170010.aspxlogo

 

misonoは、奈美恵ちゃんに色々と教わったらいいね。台湾について。琉球王国と台湾王国は親交があり、とても仲良しなんだ。

俺はこのチケットでいいや(笑)

https://www.ab-road.net/asia/taiwan/taipei/air/search/742762/?root_type=01&site_code=01&smonth=6&sday=0&dc2=HND&destlist=TPE ピーチ・アビエーション

 

西城秀樹さん死去

  • 2018.05.17 Thursday
  • 19:22
「YOUNG MAN」や「傷だらけのローラ」などのヒット曲で人気を集め、その後も2度の脳梗塞から復帰して活動を続けていた歌手の西城秀樹さんが16日夜、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなりました。63歳でした。
西城秀樹さんは広島市の出身で、高校1年のときに上京し、昭和47年に歌手デビューしました。
激しい振り付けとエネルギッシュな歌い方で若い女性の人気を集め、「情熱の嵐」や「傷だらけのローラ」などの曲が相次いでヒットしました。

西城さんは、同じ時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれ、昭和49年には「傷だらけのローラ」で初めてNHKの紅白歌合戦に出場しました。

さらに昭和54年に発表した「YOUNG MAN」は、体を使ってアルファベットのYMCAを表現する振り付けが世代をこえて親しまれてレコードがミリオンセラーとなり、日本歌謡大賞を受賞しました。

アジア各国でも人気が高く、昭和63年にはソウルオリンピックの前夜祭に出演しました。

西城さんはその後、48歳と56歳のときに脳梗塞を患いましたが、いずれもリハビリを重ねて復帰しました。
2度目のときは言語障害に加えて右半身がまひしましたが、発症から40日後にはいすに座った状態でステージに戻り、その後も同世代の往年のスターが集まるコンサートに出演するなど、活動を続けていました。

平成26年6月にNHKの番組に出演した際には、「同じ病気の人たちに勇気を与えるためにも、今の自分をありのまま見せてステージに立とうと思った。元に戻るのは無理だけど、少しでもよくなるように前を向いて頑張っていきたい」と話していました。

事務所によりますと、西城さんは先月25日に家族と一緒にいるときに急に意識不明になって入院し、16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったということです。
♪西城秀樹 ブルースカイ ブルー https://youtu.be/9L3LJqhyfFY 1978年

松居一代さんと和解=船越さん事務所、動画投稿で―東京地裁

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 20:02

俳優船越英一郎さん(57)の不倫疑惑などを動画サイトに投稿され、名誉を傷つけられたとして、所属先の芸能事務所ホリプロが元妻で女優の松居一代さん(60)に300万円の損害賠償を求めた訴訟は16日、東京地裁で和解が成立した。

 同社によると、和解条項は松居さん側が「遺憾の意」を表明し、同社の営業権侵害を行わないとする内容。金銭の支払いはないという。

 訴状などによると、松居さんは昨年7月、ユーチューブやブログに船越さんの不倫疑惑のほか、「ホリプロがテレビ局に圧力をかけている」などと投稿。同社側は同年9月に提訴した。

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051601263&g=soc

炎上してもCDが売れなくてもmisonoがクビにならない理由

  • 2018.05.14 Monday
  • 19:00

炎上してもCDが売れなくてもmisonoがクビにならない理由misono

 一部で拠点を台湾に移して音楽活動を再開させることが報じられた歌手のmisonoが13日、ブログを更新し、現在は国内で音楽活動に励んでいることを報告した。

 misonoは13年に引退宣言したがその後撤回。14年10月に新アルバム「家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。」を発売するも目標の1万枚には届かず。以後、CDを発売していなかった。

 一部報道によると、台湾は、16年2月にソロとして初の海外ライブを行った思い出の場所。親日家も多いことから、新たな拠点に決定。現地では、現在所属するエイベックスがサポート。日本でのタレント業も続けるとされていた。

 また、台湾進出に伴い、昨年、結婚式を挙げたものの、まだ婚姻届は出しておらず事実婚状態の4人組バンド・Highsideのドラム・Nosukeは遠距離生活を了承しているという。

 ブログでmisonoは現在、家庭教師をつけて中国語と英語を勉強していることを明かし、報道は否定せず。

 近況について、「5月も、関西にて“歌唱するお仕事”が『4日間ある』し…6月は“Tales of Festival in 横浜アリーナ”にて、アーティストmisonoが『1日限定復活』しますし?! day after tomorrowも歌わなきゃいけないし?!」と、国内での仕事があることを報告。夫との良好な関係もアピールした。

 「とっくにクビになっていてもおかしくないほどの稼ぎや炎上ぶりだが、なかなかクビにならない。というのも、デビュー時に所属していたday after tomorrowは、6月22日付で代表取締役社長CEOから代表取締役会長CEOになる松浦勝人氏の肝入りで結成。misonoは松浦氏との“ホットライン”もあるのでクビになることはなく、misonoは甘えている」(レコード会社関係者)

 台湾で厳しい環境に身を置き、“再生”なるか?

『ダウンタウンDX』エド・はるみの体型変化に「ライザップに訴えられるぞ!」と心配の声

  • 2018.05.11 Friday
  • 19:00
吉本興業 オフィシャルサイトより

 5月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にエド・はるみが登場。久しぶりに彼女の姿を目にした人も多いようで、体型の変化にざわついていたという。

 この日の番組では「激動の芸能界! 変わった人! 変わらない人!」という特集が行われた。エド・はるみといえば、舞台女優から芸人に転身して大ブレイク。「グゥ〜」でお馴染みのネタで注目を集めるも、徐々に人気に陰りが出て“一発屋”などとささやかれてしまうことに。しかしそのような世間の扱いにショックを受けた彼女は、今一度“社会”を捉えなおすために大学院へ進学。今年の春に見事卒業して、修士号の学位を取得した。

 現在ではすっかり研究者として活躍しているエド・はるみだが、“変わった”のは肩書きだけではない模様。視聴者からは「めっちゃ太ってる……」「思いっきりリバウンドしてない?」との指摘が相次いだ。太ったにしても痩せたにしても他人が口を出すことではなさそうだが、彼女に限ってはとある事情が懸念材料になっているという。

「エド・はるみは昨年ライザップとコラボしており、見事な変貌を遂げ話題になりました。当時彼女は約5カ月で体重マイナス18キロ、体脂肪マイナス19%の減量に成功。更年期太りに悩む女性が痩せた一例として、立派にライザップの広告塔を務めています。しかしそんな彼女が1年足らずでリバウンドしてしまったとあっては、ライザップの面目は丸つぶれ。そのため『ダウンタウンDX』の視聴者からは、『そんな体型でテレビに出たらライザップに訴えられるぞ!』と心配する声も上がっていました」(芸能ライター)

 一方で彼女の体型には、「50代ってことを考えるとまだまだスタイルがいい方では?」「加齢による体型変化とかもあるし、ある程度は仕方ないと思う」といった意見も。確かにまだまだ綺麗だが、“ライザップ芸能人”というだけでハードルが上がってしまうのかもしれない。

「ライザップのCMに出演した芸能人は、その後の変化が注目されがちです。2016年のCMに登場した峯岸みなみも、その後のテレビ番組などでことあるごとに『リバウンドした?』『体型が戻ってる』『プロレスラーみたい』などと言われていました。一般的な体型と比べてもそんなに太っているようには見えないのですが……」(同)

 学位取得や現在の活躍よりも、何故か“体型の変化”が注目されてしまったエド・はるみ。出来ることならもう一度ダイエットに挑戦して、人々を見返していただきたい。

 

http://www.cyzo.com/2018/05/post_161501_entry.html日刊サイゾー

 

外部リンク

 

どーなんでしょ??

いわゆるプライベートジム…古くは「ボディービル」

ライザップ以外にふたつ紹介します。

 

ゴーズジム https://gos-gym.com/ 必要なものは全て無料レンタル

 

ジュエルボディメイク https://jewel-bm.com/ 駐車場完備

 

※インターネット上のみのリサーチ

NHKがジャニーズに損害賠償検討、識者「自分たちの正当性を主張したいのだろう」

  • 2018.05.10 Thursday
  • 21:12

TOKIOの元メンバー、山口達也さん(46)が出演していたNHKEテレの「Rの法則」が打ち切られた件で、NHKはジャニーズ事務所側に損害賠償請求を検討していることを明らかにした。識者からは「自分たちの正当性を主張したいのだろうが、放送局として、先に信頼回復に努めるべきだ」と厳しい声が上がる。

 NHKは、昨年にも大阪府青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検された男性俳優(34)=不起訴処分=の主演ドラマが放送取りやめになった件について、所属事務所との間で損害賠償の支払いに合意したことを明らかにしている。

 しかし同志社女子大学の影山貴彦教授(メデイアエンターテインメント論)は、一部週刊誌が「Rの法則」の番組スタッフが連絡先交換を仲介し、“関与”したと報道したことにNHKが反応し、「自分の正当性を主張したいという強い思いを感じる」とみる。

 会見でも週刊誌報道に対する質問が出され、NHK側は否定に追われた。影山教授は「風当たりが強まる中でNHKが賠償請求することは、逆に批判を招きかねない。NHKのコンプライアンスに対する視聴者の見方が厳しくなっているだけに、先に信頼回復に努めるべきだ」と指摘する。

 また在阪民放のコンプライアンス担当者は、契約は個別に異なる、と前置きした上で「ジャニーズ事務所と『けんか』して得になることは何もない。民放では別番組に、同じ事務所の大物を出演させるなどしてフォローしてもらうのが通例で、損害賠償や訴訟など目に見える形での決着は聞いたことがない」と話している。

 

https://www.sankei.com/west/news/180510/wst1805100078-n1.html産経新聞

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    内田 (02/23)
  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    管理人 (02/23)
  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    satoshi (02/19)
  • 興行収入予想60億円も…キムタク「HERO」は雑音消えず
    しねまっこ (07/28)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    P (12/05)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    J (12/04)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    N (11/22)
  • 謹賀新年
    (01/01)
  • ジャーナリスト 筑紫哲也
    平田陽三 平田病院 (07/13)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM