英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄

  • 2010.11.21 Sunday
  • 16:36
英ウィリアム王子(28)と婚約したケイト・ミドルトン(本名:キャサリン・エリザベス・ミドルトン)さん(28)。英国では王室以外から王妃候補が出ることは約350年ぶりだという。
一般女性とはいうものの、ケイトさんは日本で言えばれっきとした富裕層で立派な家庭の出身である。英国独特の階級社会らしい物の見方、旧貴族階級から見て「一般」というだけなのだ。母のキャロル・エリザベスさんは玩具メーカーの代表者で上流階級にあたる。父方ミドルトン家は英国リーズ市で栄え、弁護士や同市長を2人も輩出した。貴族階級ではなかったものの、古くから地方の名士的な存在として、知る人ぞ知る家系であったという。挙式は来春か夏にロンドンでする予定。(写真©時事通信社)
http://media.yucasee.jp/posts/index/5517 (ゆかしメディア)
一般社会の常識・良識を備えた女性が王室入りすることにより、その両方を理解できる家庭、ロイヤル・ルームが築けることは、英国にとって良いことであると思う。
ダイアナ妃は-
ダイアナ妃の実家のご両親は子爵という爵位でした。お父さんが1975年スペンサー伯爵となり、伯爵令嬢となった。男系の長子は子爵になるわけですが、ダイアナ妃は三女でしたから、正確には男爵でした。「一般」ではなく、嫁ぐ前はBaroness(婦人男爵)だったと言っていいでしょう。
コメント
ダイアナ妃の実家は伯爵家でした。両親が子爵夫妻というのは、出生当時は祖父の伯爵が健在だったため、その長男である父が継嗣の称号として子爵位を名乗っていたものです。

その後、祖父が亡くなって父が伯爵位を継承したため、結婚前の段階でダイアナ妃は伯爵令嬢でした。序列上は子爵夫人の下で男爵夫人の上、貴族の範囲に入るので、"Lady Diana"と敬称付きで呼ばれていました。
  • N
  • 2010/11/22 9:30 PM
子爵以下の貴族の子女が儀礼称号がLadyですよ。
  • J
  • 2010/12/04 11:15 PM
ダイアナ妃の結婚前の称号の階級は存じませんが、英国では原則、長子が一つ下の階級となりますので、伯爵の長子、すなわちダイアナ妃の兄が子爵であったわけです。ダイアナ妃は三女です。次男以下は二つ下の階級になりますから夫人男爵で正しいと思います。故人に失礼の無い様に伯爵令嬢でいいでしょう。
  • P
  • 2010/12/05 12:30 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    内田 (02/23)
  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    管理人 (02/23)
  • アヴァンギャルドおやじの節約ベンツ日誌 オイル交換編 ちょっとブレイク
    satoshi (02/19)
  • 興行収入予想60億円も…キムタク「HERO」は雑音消えず
    しねまっこ (07/28)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    P (12/05)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    J (12/04)
  • 英王子のお相手ケイト・ミドルトンさんの家柄
    N (11/22)
  • 謹賀新年
    (01/01)
  • ジャーナリスト 筑紫哲也
    平田陽三 平田病院 (07/13)

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM